不感症 治療

膣のゆるみの原因

 

膣のゆるみといっても人によりますが、一般にゆるいというのは尿漏れが気になったり、セックスのときに膣が締まる感覚がよくわからなくなったりといったものがあります。

 

特に日常で支障をきたすのが尿漏れです。

 

女性の場合には尿道が短いので尿漏れしやすい構造となっていますが、膣のゆるみによってそれが引き起こされやすくなります。
また膣内の圧力が弱まるので、タンポンを使用している時に月経が漏れるといったこともありますしセックスをするさいにも密着度が低下するため上手く行えない場合もあります。

 

膣のゆるみの原因としては、膣を締めている役割をする骨盤底筋の機能低下です。

 

骨盤底筋は腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋、外交門括約筋などの骨盤を取り巻く筋肉のことで、骨盤が開いたり閉じたりするといったさいに伸縮する筋肉です。
骨盤底筋そのものは加齢や出産、肥満、姿勢の悪さなどによって次第に筋力が低下します。
特に普段から意識することのない筋肉であるため、普段から意識してトレーニングを行わなければその機能は低下していきます。

 

ただ骨盤底筋は筋肉ですので、トレーニングすることで改善することができます。
このため骨盤底筋を鍛えることで膣のゆるみが改善します。

 

トップページへ戻る