不感症 治療

デリケートゾーンニオイの原因

 

デリケートゾーンの臭いの原因はさまざまですが、くさいと感じた時膣内を丁寧に洗う人がいます。

 

しかし、膣内を洗いすぎると逆に臭いがひどくなることがあります。

 

その理由はアソコは洗いすぎると膣内は雑菌の防御能力がなくなってしまうからです。

 

デリケートゾーンの内側を指を入れて洗ってはいけません。
洗う時はお風呂に入った時など外側を石鹸で軽く洗ったほうがいいのです。
ただ、人の皮膚の強さには個人差があります。石鹸だと洗浄作用が強すぎることもあるので、その時はぬるま湯で丁寧に洗ったほうがいいです。

 

他にも、デリケートゾーン専用の石鹸も販売されているのでそういったものを使用するのもいいです。

 

また、わきがといえば、脇の臭いを思い浮かべる人が多いですが、すそわきがといいアソコのわきがもあります。

 

すそわきがは鉛筆の芯の臭いがするといいます。どうしたら治るのか悩む方が多いと思いますが、すそわきがは自然に治ったり、洗えば治るものではないので病院で治療、手術することが臭いを無くすことへとつながります。

 

よくあるチーズ臭やイカ臭いものは恥垢が付いている臭いなので手できちんと洗うことや、トイレで用を足した後、きちんとトイレットペーパーなどで拭くことで改善できます。

 

性病になると強烈な悪臭がしたりおりものが増えたり、おりものの状態が変わったりするので明らかに普段と違う、おかしいと感じたら病院に行くことが大切です。

 

他にも長年同じ下着を履いていると下着自体に雑菌が繁殖して洗濯しても取れず、再び汗をかいたり、濡れたりするとにおいが出戻りすることがあります。
常に下着を綺麗にすることや酵素系漂白剤でつけ置きし、雑菌を無くすことで臭いが取れます。

 

まとめると、アソコの臭いの原因は性病やすそわきがといった自分ではどうしようもできないものや、洗いすぎや逆に恥垢が付いているなどといった不潔なもの、下着の出戻り臭などといった自分で対策すれば治るものがあります。

 

 

デリケートゾーンの臭いで悩んでる方はこちら

 

トップページへ戻る