不感症 治療

デリケートゾーンの黒ずみの原因

 

デリケートゾーンの黒ずみは様々な原因がありますが、大きく3つに分けると、メラニン色素、ターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れによるものです。

 

その中のメラニン色素は紫外線や、加齢、ホルモンバランス、摩擦など皮膚への刺激によって作られます。

 

また、生まれ持ったメラニン量も関係します。
特に私たち日本人は黄色人種であるため白人とくらべるとメラニン量が多いため黒くなりやすいのです。

 

デリケートゾーンが黒い人は性に奔放で遊んでいるというイメージを持つ人もいると思いますが、それは全く違います。

 

デリケートな部分はメラニン活動が活発なので特に黒ずみが目立ってしまいます。
ブラジャーやパンツなどといった下着による摩擦や化学繊維による刺激も黒ずみの原因となります。

 

下着だけでなく肌と肌が擦れることによってワキや太ももなどのこすれでも黒ずみとなります。

 

ホルモンバランスの乱れについては、胸(乳首)の黒ずみは加齢以外に、妊娠出産時のホルモンバランスの変化、乱れでも起きます。
赤ちゃんが母乳を飲む時にお母さんのおっぱいを探しやすいように黒くなります。

 

女性は生理があり、ホルモンバランスが大切になりますが、ホルモンバランスの乱れが肌のターンオーバーにも繋がります。
ターンオーバーの乱れについては、顔の皮膚と同じようにデリケートゾーンも28日周期で表皮の生まれ変わりが行われますが食生活や運動不足など不規則な生活をしているとターンオーバが正常に行われずに古い角質が落ちずにメラニン色素が沈着したままになってしまい黒ずみの原因となることがあります。

 

これらの黒ずみの原因を放っておくとさらにデリケートゾーンが黒ずむことになるので保湿したり、美白化粧水などで対策することが重要になります。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでる方はこちら

 

トップページへ戻る