不感症 治療

クリトリス包茎とは

 

クリトリスは男性で言えば亀頭にあたる部分です。

 

男性と同じ様に海綿体と呼ばれる細かい血管の集合体で、スポンジの様な組織で出来ている器官で皮で覆われており、この皮をクリトリス包皮と言います。

 

子供の頃はクリトリス包皮に覆われていますが、成長と共に剥けるのが一般的です。

 

人により様々ですが、クリトリスの1/3や2/3が普段から露出している場合や、性的な興奮で勃起した際に包皮が剥ける人もいます。
常に殆どが皮で覆われていて手で剥ける事が出来れば、仮性で、剥けない方は真性のクリトリス包茎となります。

 

クリトリス包皮と小陰唇は繋がっており、小陰唇が大きい方はクリトリス包皮も余っている事が多いです。
つまり、小陰唇肥大の方はクリトリス包茎の方が多い傾向にあります。
小陰唇の中央からクリトリス側が発達していれば、クリトリス包茎の原因になりやすい事になります。

 

女性器は男性器よりも複雑な構造で、陰茎が無い為に排尿時にも汚染されやすく、クリトリス包茎があると亀頭と包皮の間に汚れが溜まりやすくなり、細菌感染の原因や臭いの原因になります。

 

この汚れを恥垢と呼び、長年にわたり溜まり続ければ石の様に硬くなりクリトリスと包皮が癒着して真性クリトリス包茎になる方もいます。

 

常に清潔に保ち悩みがある場合は医療機関への相談も大切になります。

 

 

クリトリス包茎で悩んでる方はこちら

 

トップページへ戻る