不感症治療

後天性不感症とは

不感症と呼ばれるものには先天性のものと後天性とに分けられるようです。

 

前者は生まれつきのもので、後者は一定の年齢を過ぎてから起こることを指しています。

 

特に後天性不感症の場合は、心と体のいずれか、またはそれらの両方が影響を及ぼしている可能性が考えられます。

 

具体的な症状としては、性的な交渉をしていても膣が濡れない、気分が高まらないといったことが挙げられています。

 

これらを改善するためには、心身ともに健康な状態を保てるのがどうかが大きく関わってきます。

 

例えば性交渉の最中に、どうしても緊張してしまう、あるいは日常的なストレスがあるといった心の問題を抱えている人もいます。

 

それ以外にも不規則な生活を繰り返している、冷え性、出産をした、更年期など誰にでも起こることが原因で不感症になってしまうそうです。

 

一概には言えないのですが、女性の場合は性交渉でオーガズムが得られないのは、病気や体の不調も関係しています。

 

ところが感情や神経のバランスが深く関係していることの方が多いのです。

 

そのため、感情や神経やホルモンなどのバランスを整えるために効果的な施設やサービスを利用しましょう。

 

有名なもので言えば婦人科や心療内科、他にも漢方医、鍼灸院に行っても構いませんし、指圧マッサージ、アロマやエステ、スポーツジムもあります。

 

ストレスを解消するには、趣味を見つけるなど自分でもやれます。

 

それに体を温めたるといった生活習慣を見直すことで、バランス改善につながっていきます。